※現在システムメンテナンスで新規ご入会者の方はクレジットカード決済ができません。大変申し訳御座いませんが、初期費用決済はコンビニ払い、月々のお引落は銀行口座からのお引落をお願いしております。6月に復旧予定です!大変申し訳ございません。

ダイエット 食事

ケトン体って?

こんにちは!

前回の記事の続きに行く前に「ケトン体」というのを簡単にご説明します。

前回の記事:ケトン食とは①

ケトン体とは


ケトン体とは、糖質が制限された時に肝臓で脂肪酸を元に作られる物質の総称で、次の3つを指します。

①酪酸

②アセト酢酸

③アセトン

ケトン体は無毒で、ケトン体には次の様な様々な作用があるとされています。

・抗がん作用

・抗炎症作用

・抗酸化作用

・オートファジー(自食作用) の促進 など..

何となく ケトン体のイメージ 掴めましたか?

大ざっぱに分かりやすく言うと


つまり ケトン体は大雑把に言うと、 「脂肪をエネルギーとして分解される時にできる一時的な副産物で、後でエネルギーとしても利用できる 」と思って頂ければ大丈夫です。

ケトン体はどこのエネルギーに?


ケトン体がエネルギー源として使われるのは以下です。

・骨格筋(体を動かす筋肉)

・心臓

・腎臓

・脳

尚、肝臓(のミトコンドリア)ではケトン体はエネルギー源として使われないようです。

次回からケトン食に戻ります! お楽しみに!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。