ウイルス撃退法②

こんにちは!

先日の続きの記事です。

前回の記事はこちら→ウイルス撃退法!①

今回はあなたができる準備についてです。

前回お伝えした通り、あなたができる事が2つあります。

1. インターフェロン生成の材料を用意する事。


インターフェロンはタンパク質とビタミンCがないと生成されません。

これらの栄養をしっかり取ってあげれば 通常は医者に行くことも必要ありません。

2. 体温を上げる。


インターフェロンは温度が高い方が作りやすい特徴があります。

冬などで寒い空間にいたり、冷たい空気を吸っているとインターフェロン生成スピードは落ちます。

なので風邪を引いた時は体を温めた方が良いのです。

解熱剤は飲むべき?


対症療法とされる西洋医学の解熱剤は、この様な 体の免疫機能が最も活動しやすくなる体温を無理やり下げてしまい、治りを遅くする可能性があるので、よっぽどの高温や緊急事態を除いてはあまり飲まない方が良いと思われます。

風邪をひいた時に ゾクゾクする感じがする時は「ここを温めて欲しい」という体からの信号です。

ビタミンCをたっぷり取り、暖かくして休んでください。

PAGE TOP