キャノーラ油(続き)

こんにちは!

先日から放置していたキャノーラ油の続きです。

前回の記事

控えたい油 (キャノーラ油編)

控えたい油①

控えたい油②

控えたい油③

 

前回のラットにキャノーラ油を餌に混ぜて与えた悪影響以外にも

血圧上昇や心臓の異常がみられ、好中球数や血漿脂質が上昇し、血小板の数の減少が見られました。 また子供のラットの寿命の減少も見られました。

これは人間で同じ事が起こるとすると、産まれてくるお子様の体にも影響し、早く亡くなるという効果です。

また、大豆油、紅花、コーン、エゴマ群と比較して、キャノーラ油を与えたマウスには異常行動も見られました。

さらにマウスの精巣に毒性を示し、血漿テストステロン(男性ホルモン)濃度の減少も見られました。 生殖能力の低下が示唆されます。

もしもどうしても菜種系の油を取りたいなら遺伝子組み換え不使用の圧搾法(一番搾り)をオススメします!

PAGE TOP